めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

bashのターミナルに時間を表示させる

プロンプトに時間を表示するために、PS1を編集します。


~/.bashrcに下記を書き込めば良いです。

PS1="\t [\u@\h \W]\$"


ちなみに、.bashrcとか.bash_profileとか
どっちに書いたらいいんだ!問題が有ると思いますが

この場合は、bashrcです。
ためしに.bash_profile に書いてみてください。上手く行くはずです



が、例えば下記のコマンドを実行してみてください。

bash


ね、そういうことです。

おわり

awkでcutと同等のフィールド出力

なんかしらんけども、cutでなぜか上手くフィールドの指定ができないことが有る。

# こんな感じでしていするもうまくできない
grep -i ipv6 /var/log/messages | cut -d: -f 6- | sort -u
#
# [出力結果]
# wlp2s0f0: link is not ready
#


そんなときにawkだと思い通りに出力できたりする。
今回はcut -d' ' -f 6-と同等の処理をawkで実行する。

awk '{
	for (i=6;i<NF;i++) {
		printf("%s%s", $i, OFS=" ")
	}	print $NF
}' /var/log/messages


ということで、冒頭のcut部をawkに変更するとこうなる。

grep -i ipv6 /var/log/messages | awk '{for(i=6;i<NF;i++){printf("%s%s",$i,OFS=" ")}print $NF}' | sort -u
#
# [出力結果]
# IPv6: ADDRCONF(NETDEV_UP): wlp2s0f0: link is not ready
#

おわり

KVMのwindowsゲストのディスク拡張

デスクトップPCが壊れてしまったので
いまはKVMのゲストOSとしてwindowsを使用しています。

容量がいささか少ない状態で作ってしまったので
Cドライブの容量拡張をする方法をメモします。

Dドライブなど、新しくディスクを追加するものとは違います。
のっぴきならない事情で既存ディスクを拡張せねば
ならないときにやります。

既存ディスクのバックアップ

cp -a /data/kvm/win.qcow2{,.bak}

既存の仮想ディスクの拡張

qemu-img resize /data/kvm/win.qcow2 +20G

Windows側の作業

こちらは簡単です。

  1. OS起動
  2. ファイル名を指定して実行に、diskmgmt.mscを入力
  3. Cドライブを右クリックして、拡張


以上です。簡単でしたね。
失敗したら怖いので、仮想ディスクのバックアップは取得しましょう。
不要となったら、容量が大きいので削除すると良いでしょう。


おわり