めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

VMware Workstation上のVMでHyper-vを使用するには

f:id:chiita01:20150723013855p:plain

VM上でhyper-vをインストールしようとすると怒られる。

 

こっちとしては、hyper-vを動かしたいので下記を設定。

 

1.ゲストOSのvmxファイルをテキストエディタで開く

2.最下部に2行を追記・保存

    mce.enable = TRUE 
       hypervisor.cpuid.v0 = FALSE

3.ゲストOSの設定から、プロセッサの画面を表示し、Intel VT-x / AMD-V ~を仮想化 にチェックを入れて有効化する。

 

これだけで、通常通りhyper-vがインストールできる。

windows2012でやってみたが問題なく動作する。

 

hyper-vマネージャサーバに5GB割り当てて、その上でcentosを2台とwindows10を動かしてもまったくもっさりしない。

 

アプリケーションはHINEMOSを使っているだけですが。メモリの動的割り当てがあるが、マネージャサーバを重たくはしたくないので、固定で少量割り当てているだけとなる。

 

仮想化をネストしても特に動作に問題はなく、

workstationのNICはホストオンリーを使用し、hyper-vとworkstationを動かしているマシンからhyper-v上のマシンに疎通も取れる。

 

ネストしてもネットワークは特に気にせず使えている。外部ネットワークにつなげるときはどうすればいいのかとくに試してないが、なんとなく簡単に実現できそう