めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

windows10とCentOS(Linux)のNTPサーバ設定

windowsは毎回忘れてるのでメモ

 

LinuxはクライアントHyper-Vにて5台くらい立てているので一応設定を。

 

 

Windows10 NTPサーバ編

        1. win + R キーで下記を起動して、「regedit]を実行

f:id:chiita01:20150810222706j:plain

 

 

 

        2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\TimeProviders\NtpServer\Enabled

の値を0から1に変更

 

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\Config\AnnounceFlags

の値を10から5に変更

 

  4. コントロールパネルを開き、ファイアウォールの詳細設定を開く

 

f:id:chiita01:20150810222805j:plain

 

  5. 受信の規則を選択し、右側の新しい規則を選択

 

f:id:chiita01:20150810222834j:plain

 

  6.  下記の内容で設定しておきます

   規則の種類:ポート

   プロトコルUDP

   ポート:123

   操作:接続を許可する

   プロファイル:お好みで

   名前:NTP(わかるような名前であれば何でも)

f:id:chiita01:20150810222841j:plain

f:id:chiita01:20150810222850j:plain

f:id:chiita01:20150810222854j:plain

f:id:chiita01:20150810222857j:plain

f:id:chiita01:20150810222859j:plain

f:id:chiita01:20150810222918j:plain

 

  7. コマンドプロンプトを管理者権限で開き下記コマンドを実行し、サービスを再起動

   net stop w32time

   net start w32time

 

以上で、Winodws10でのNTPサーバ設定は終わりです。

つぎはlinux側での設定

 

Linux NTPサーバ編

申し訳ありませんが、前提としては

selinuxがdisabled

iptablesが停止状態

  1.  vim /etc/ntp.conf を編集して、同期するサーバを指定(vimはviの拡張なので、viコマンドを使用しても全くかまいません。)
    下記の内容を適当な箇所に記入しましょう。どこでもいいですけどね
    server 192.168.211.253    #同期先サーバ
    restrict 192.168.211.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
    tinker step 0    #slewモードで動作※丁度、うるう秒でにぎわってましたね
  2.  service ntpd restart   でサービス再起動
    [root@CentOS_01 log]# service ntpd restart
    ntpd を停止中:                                             [  OK  ]
    ntpd を起動中:                                             [  OK  ]
    [root@CentOS_01 log]#
  3. ntpq -p コマンドで同期の確認(ntpstatとかでもよいです)
    [root@CentOS_01 log]# ntpq -p
         remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
    ==============================================================================
    * 192.168.211.253 191.233.81.105   5 u   55   64    3    0.327  -3846.7   0.067
    [root@CentOS_01 log]#

    アスタリスクが先頭につけば同期できてます

  4. もし同期できていなかったら、service ntpd stop
    [root@CentOS_01 ~]# service ntpd stop
    ntpd を停止中:                                             [  OK  ]
    [root@CentOS_02 ~]#
  5. ntpdate [ntp server]

    [root@CentOS_01 log]# ntpdate 192.168.211.253
    10 Aug 22:47:44 ntpdate[2039]: adjust time server 192.168.211.253 offset 0.000675 sec

     

  6.  service ntpd start でサービスを再開

 

ちなみに、NTPサーバは上位サーバが正常に同期をしていないと下位サーバも同期しないので、そもそも自分が参照しているサーバは時刻同期が成功しているかは確認しましょう。

 

linuxのntpサーバの設定は、serverで同期先を指定することでクライアントとしても同期していることは認識しておきましょう。

 

おわり