読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

CentOS kickstart(キックスタート) インストール | dhcp http CDROM

サーバ インフラ Linux VMware

初めてキックインストールやったのでメモ。

 

キックスタート環境

  • OSはすべてCentOS(6.4)
  • dhcpサーバを使用
  • インストールはcdromから
  • kickstartコンフィグはhttpd経由で提供
  • クライアントhyper-vを使用(レガシーネットワーク)

 

HTTPサービスのインストール・設定

メディアはマウント済み前提でログを記載してます。

ちなみに、使用しているサーバでは下記の通りになっています。

 

[root@CentOS01 html]# cat /etc/fstab

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Sun Aug  9 02:18:09 2015
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/VolGroup-lv_root /                       ext4    defaults        1 1
UUID=01172bc4-c556-4fa1-a25c-8b7fbb3d48b6 /boot                   ext4    defaults        1 2
/dev/mapper/VolGroup-lv_home /home                   ext4    defaults        1 2
/dev/mapper/VolGroup-lv_swap swap                    swap    defaults        0 0
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/sr0                /media/cdrom            iso9660 noauto                  0 0

 

 

/dev/sr0 を/media/cdromにマウントするよう記述し、noautoオプションによって起動時にマウントしないようにします。たいして利便性はないですが。

 

マウントするときは下記のコマンドでマウントできます。何のデバイスをマウントするかの記述が省けます。

 

mount /media/cdrom

 

 

httpサーバのインストール

 

[root@CentOS01 home]# yum -y install httpd
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * c6-media:
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package httpd.x86_64 0:2.2.15-26.el6.centos will be installed
--> Processing Dependency: httpd-tools = 2.2.15-26.el6.centos for package: httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: apr-util-ldap for package: httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: /etc/mime.types for package: httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: libaprutil-1.so.0()(64bit) for package: httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64
--> Processing Dependency: libapr-1.so.0()(64bit) for package: httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64
--> Running transaction check
---> Package apr.x86_64 0:1.3.9-5.el6_2 will be installed
---> Package apr-util.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1 will be installed
---> Package apr-util-ldap.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1 will be installed
---> Package httpd-tools.x86_64 0:2.2.15-26.el6.centos will be installed
---> Package mailcap.noarch 0:2.1.31-2.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

=====================================================================================================================
 Package                     Arch                 Version                               Repository              Size
=====================================================================================================================
Installing:
 httpd                       x86_64               2.2.15-26.el6.centos                  c6-media               821 k
Installing for dependencies:
 apr                         x86_64               1.3.9-5.el6_2                         c6-media               123 k
 apr-util                    x86_64               1.3.9-3.el6_0.1                       c6-media                87 k
 apr-util-ldap               x86_64               1.3.9-3.el6_0.1                       c6-media                15 k
 httpd-tools                 x86_64               2.2.15-26.el6.centos                  c6-media                72 k
 mailcap                     noarch               2.1.31-2.el6                          c6-media                27 k

Transaction Summary
=====================================================================================================================
Install       6 Package(s)

Total download size: 1.1 M
Installed size: 3.6 M
Downloading Packages:
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total                                                                                1.5 MB/s | 1.1 MB     00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64                                                                          1/6
  Installing : apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                                                                   2/6
  Installing : httpd-tools-2.2.15-26.el6.centos.x86_64                                                           3/6
  Installing : apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                                                              4/6
  Installing : mailcap-2.1.31-2.el6.noarch                                                                       5/6
  Installing : httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64                                                                 6/6
  Verifying  : httpd-2.2.15-26.el6.centos.x86_64                                                                 1/6
  Verifying  : httpd-tools-2.2.15-26.el6.centos.x86_64                                                           2/6
  Verifying  : apr-util-ldap-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                                                              3/6
  Verifying  : apr-1.3.9-5.el6_2.x86_64                                                                          4/6
  Verifying  : mailcap-2.1.31-2.el6.noarch                                                                       5/6
  Verifying  : apr-util-1.3.9-3.el6_0.1.x86_64                                                                   6/6

Installed:
  httpd.x86_64 0:2.2.15-26.el6.centos

Dependency Installed:
  apr.x86_64 0:1.3.9-5.el6_2                apr-util.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1 apr-util-ldap.x86_64 0:1.3.9-3.el6_0.1
  httpd-tools.x86_64 0:2.2.15-26.el6.centos mailcap.noarch 0:2.1.31-2.el6

Complete!
[root@CentOS01 home]# service httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

 

 たぶん何もせずに起動する

デフォルトのDocumentRoot(ドキュメントルート)は

/var/www/html

 

ここにキックスタート用のコンフィグを置いておきます。

もっとこまめに設定することもできますが、今回は面倒だし、キックスタートのやり方を覚えたかっただけなので省略します。

 

キックスタート用のコンフィグ作成

まずはstartxでGUIを立ち上げます

f:id:chiita01:20150812141109j:plain

 

f:id:chiita01:20150812141120j:plain

システム設定画面からkickstartを選択します。

※キックスタートコンフィグ作成のためのアプリケーションがインストール済みを前提をしています。

f:id:chiita01:20150812141128j:plain

 

 画面が立ち上がりました

f:id:chiita01:20150812141148j:plain

各種設定が完了したら、画面左上のfileからsaveを選択し、設定ファイルの保存をします。

f:id:chiita01:20150812141159j:plain

 

保存場所の選択です。どこでもいいです

f:id:chiita01:20150812141208j:plain

 

ちなみに

端末からコマンドを打って、コンフィグ作成画面を開くこともできます。

f:id:chiita01:20150812141237j:plain

 

f:id:chiita01:20150812141244j:plain

 

 

 

作成済みのものが実はあって、/root/anaconda-ks.cfgがそのコンフィグになります。すでに作成済みのOSがあればこのコンフィグを使ってもよいです。

 

作成したコンフィグ***.cfgを/var/www/htmlの下にコピー、もしくは移動します。

 

[root@CentOS01 ~]# ll /var/www/html/
total 4
-rwxrwxrwx 1 root root 1457 Aug 12 11:59 ks.cfg
[root@CentOS01 ~]#

 

DHCPサーバのインストール・設定

 

[root@CentOS02 ~]# yum -y install dhcp
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * c6-media:
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package dhcp.x86_64 12:4.1.1-34.P1.el6.centos will be installed
--> Processing Dependency: portreserve for package: 12:dhcp-4.1.1-34.P1.el6.centos.x86_64
--> Running transaction check
---> Package portreserve.x86_64 0:0.0.4-9.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

====================================================================================================================
 Package                  Arch                Version                                   Repository             Size
====================================================================================================================
Installing:
 dhcp                     x86_64              12:4.1.1-34.P1.el6.centos                 c6-media              816 k
Installing for dependencies:
 portreserve              x86_64              0.0.4-9.el6                               c6-media               23 k

Transaction Summary
====================================================================================================================
Install       2 Package(s)

Total download size: 838 k
Installed size: 1.9 M
Downloading Packages:
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total                                                                               127 kB/s | 838 kB     00:06
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : portreserve-0.0.4-9.el6.x86_64                                                                   1/2
  Installing : 12:dhcp-4.1.1-34.P1.el6.centos.x86_64                                                            2/2
  Verifying  : portreserve-0.0.4-9.el6.x86_64                                                                   1/2
  Verifying  : 12:dhcp-4.1.1-34.P1.el6.centos.x86_64                                                            2/2

Installed:
  dhcp.x86_64 12:4.1.1-34.P1.el6.centos

Dependency Installed:
  portreserve.x86_64 0:0.0.4-9.el6

Complete!

 

 

vim /etc/dhcp/dhcpd.confで設定ファイルを編集していきます。下記は設定したファイルの先頭から末尾まで載せておきます。IPやセグメントは適切なものに変更してください。

 

  1 # dhcpd.conf
  2 #
  3 # Sample configuration file for ISC dhcpd
  4 #
  5 #
  6 not authoritative;
  7
  8 # option definitions common to all supported networks...
  9 #option domain-name "example.org";
 10 #option domain-name-servers ns1.example.org, ns2.example.org;
 11
 12 default-lease-time 600;
 13 max-lease-time 7200;
 14
 15 # Use this to enble / disable dynamic dns updates globally.
 16 #ddns-update-style none;
 17
 18 # If this DHCP server is the official DHCP server for the local
 19 # network, the authoritative directive should be uncommented.
 20 #authoritative;
 21
 22 # Use this to send dhcp log messages to a different log file (you also
 23 # have to hack syslog.conf to complete the redirection).
 24 log-facility local7;
 25

 26 # No service will be given on this subnet, but declaring it helps the
 27 # DHCP server to understand the network topology.
 28
 29 # This is a very basic subnet declaration.
 30
 31 subnet 192.168.211.0 netmask 255.255.255.0 {
 32   option time-offset        -18000;
 33   option routers        192.168.211.254;
 34   option subnet-mask    255.255.255.0;
 35   option domain-name    "ドメイン名を入力";
 36   option domain-name-servers 192.168.211.21;
 37   range dynamic-bootp 192.168.211.230 192.168.211.239;
 38   default-lease-time 21600;
 39   max-lease-time 43200;
 40 }
 41
 42 #host centos05 {
 43     #hardware ethernet 00:15:5d:14:0f:21;
 44     #fixed-address 192.168.211.235;
 45     #}

 

今回は、macアドレスがわかっていたので、42行目から記載している箇所のコメントアウトは外して、特定のmacアドレスに対して特定のIPアドレスを割り振るように設定しました。

 

 

 キックスタートインストール開始

仮想マシンの作成から順次画面を張り付けておきます。

 

クライアントhyper-vマネージャの起動と、新規の仮想マシンの作成

f:id:chiita01:20150812143724j:plain

 

仮想マシンの作成画面に進みます

仮想マシン名をいれてください。

f:id:chiita01:20150812143734j:plain

 

世代は1にしておきましょう。たしかCentOS6.4は第二世代だと起動できなかったような・・・

f:id:chiita01:20150812143739j:plain

 

メモリの割り当て量の設定です。動的メモリを使用するため、基本的なメモリ量は512MBにしておきました。最大では1024MBほどしか割り当てません。そんなにメモリ使うことがないので最低限にとどめておきます。

f:id:chiita01:20150812143743j:plain

 

ネットワークの設定です。Hyper-Vの仮想スイッチの割り当てになります。作成済みのものを割り当てましょう。基本的には内部のスイッチしか使用しないと思います。

f:id:chiita01:20150812143748j:plain

 

ここら辺は適当な設定を入れましょう

f:id:chiita01:20150812143753j:plain

 

インストール時のイメージファイルの選択です。今回はCDを使うので、そのisoファイルを指定しています。

f:id:chiita01:20150812143758j:plain

 

最後にサマリが出ます。設定値に間違いがなければ完了しましょう。

f:id:chiita01:20150812143802j:plain

 

ほいで、CentOS06が出来上がりました。

f:id:chiita01:20150812143806j:plain

 

 

次は作成した仮想マシンをもうちょっとカスタマイズします。

まずは、レガシネットワークアダプタの追加です。

デフォルトでは使われないようなので、カスタマイズする必要があります。

 

ハードウェアの追加からレガシネットワークアダプターを選択、追加をクリック

 

f:id:chiita01:20150812143815j:plain

 

仮想スイッチの選択をします。これも内部スイッチになります。dhcpサーバと疎通のとれるスイッチを選択してください。

f:id:chiita01:20150812143820j:plain

 

メモリ設定。

仮想マシン作成時に入力した値がスタートアップRAMに入ります。

最大RAMは1024とでもしておきましょう。お好みでお願いします。

f:id:chiita01:20150812143825j:plain

 

仮想プロセッサの数を選択します。デフォルトは1なのですが2にしておきます。この設定はデフォルトのままでも構いません。設定がすべて終わったらOKをクリックして、カスタマイズを終了しましょう。

f:id:chiita01:20150812143829j:plain

 

 

仮想マシンのコンソールを開きます。対象の仮想マシンをダブルクリックすると下記のコンソールが開きます。

f:id:chiita01:20150812143832j:plain

 

メニューバーの下にある電源ONボタンをクリックし、仮想マシンを起動します。CDROMからの軌道になりますので、下記画面が表示されます。

 

一分経つと自動でメニューが選択されますのでお急ぎを。

f:id:chiita01:20150812143836j:plain

 

今回はキックスタート用のコンフィグを読み込ませたいので、TABキーを押下します。

f:id:chiita01:20150812143841j:plain

 

すると下記のとおり起動時の設定が出てきますので、下記を末尾に追記してENTERを押下します。

ks=http://HTTPサーバ名もしくはIP/ks.cfg(キックスタート用のコンフィグ)

 

 

f:id:chiita01:20150812143844j:plain

 

 するとイメージファイルを読み込み起動し始めます

f:id:chiita01:20150812143851j:plain

 

 ks=でコンフィグを指定しているので、ネットワークの設定画面が出てきます。どっちのNIC使うんだっけ???レガシーと標準があるけど、どちがどっちだっけ。。。

 

となったので、macアドレスの確認です

f:id:chiita01:20150812143855j:plain

 

 仮想マシンの設定画面を開き、レガシネットワークアダプタの項目をすべて展開して、高度な機能を選択し、画面右、上部のmacアドレスを確認します。

 

 

末尾23ですね

f:id:chiita01:20150812143900j:plain

 

 上記で確認した末尾が23のmacアドレスnicがeth0なので、eth0を選択状態にしてOKを選択します

f:id:chiita01:20150812143904j:plain

 

 あ、DHCPさーば起動し忘れていました。

起動します。

f:id:chiita01:20150812143907j:plain

 

 すると仮想マシンからアクセスがあり、DHCPサーバよりアドレスを割り振っています。

f:id:chiita01:20150812143912j:plain

 

 で、仮想マシンに戻るとキックスタート用のコンフィグを読みながら、自動でインストールを始めていました。

f:id:chiita01:20150812143917j:plain

 

 あとは待つのみ。。。。

 放っておきましょう

 

ちなみに放っておくとまたインストーラが立ち上がっていると思いますので、メディアは取り外して、再起動しましょう。

 

最後に: パスワードわからん!!!

こうなることもあるかも知れません。シングルユーザモードで起動しましょう。

 

 まずは起動したら、GRUBの選択画面が立ち上がります。

ここで、「e」キーを押します。editのことです。

f:id:chiita01:20150812145822j:plain

 

 

すると下記の画面が出るので、kernelを選択状態にして、また「e」キーを押します。

 

f:id:chiita01:20150812145927j:plain

 

ほんで末尾に「s」を入力し、Enterを押します。

シングルユーザモードでの起動を指定しました。

f:id:chiita01:20150812145953j:plain

 

kernelでシングルユーザモード指定しているので、また、kernelを選択状態にして、「b」キーを押して起動します。Bootのことです。

f:id:chiita01:20150812150032j:plain

 

そうするとシングルユーザモードで起動しました。

パスワード入力不要でログインです。いろいろなサービスが停止状態で、最低限のものでしか起動していません。

 

ここで、passwd root

コマンドを実行してパスワードを変えておきます。

 

f:id:chiita01:20150812150111j:plain

 

 

パスワードの再設定が終わったらrebootしましょう。

 

ほいログインできました。

f:id:chiita01:20150812150259j:plain

 

 

 

ちなみに、DHCPサーバもHTTPサーバも疎通が取れればどのマシンでも、OSでも構いません。今回はCentOS立てまくって勉強しているので、たまたまLinuxだっただけです。

 

CentOS_01としているサーバがメインで動かしていて、syslogサーバにもなっています。各マシンのログがここに全部集まってきて便利なので、今回の構成はすべてCentOSです。

 

 

おわり

広告を非表示にする