めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

oracle 起動停止 自動起動停止

  1. 起動と停止
    1. sqlplus / as sysdba
      1. startup
        1. マウントとオープン処理
      2. ステップを踏むなら
        1. startup nomount
        2. startup mount
        3. startup open
    2. sqlplus / as sysdba
      1. shutdown
      2. shutdown transactional
        1. トランザクションがすべてコミットしたら終了
      3. shutdown immediate
        1. セッションの切断、トランザクションのキャンセル・ロールバック後停止
      4. shutdown abort
        1. 強制終了
        2. 次回起動時にクラッシュ・リカバリが必要
  2. 自動起動・停止
    1. vim /etc/oratab
      1. orcl:/oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1:Y
      2. vim /etc/rc.d/init.d/dbora

        start dbora service auto, stop dbra service auto

         

      3. vim /oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin/dbstart
        1. ORACLE_HOME_LISTNER=と変数を定義している箇所を探して次の通り変更
        2. ORACLE_HOME_LISTNER=$ORACLE_HOME
      4. vim /oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin/dbshut
        1. ORACLE_HOME_LISTNER=と変数を定義している箇所を探して次の通り変更
        2. ORACLE_HOME_LISTNER=$ORACLE_HOME
      5. chkconfig --add dbora
        1. chkconfig: 2345 99 10と/etc/init/d/dboraにて定義しているので
          runlevel 2 3 4 5 でONの設定になっている。
        2. ll /etc/rc.d/rc*.d/*dbora*
          1. /etc/rc.d/rc0.d/K10dbora -> ../init.d/dbora
            /etc/rc.d/rc1.d/K10dbora -> ../init.d/dbora
            /etc/rc.d/rc2.d/S99dbora -> ../init.d/dbora
            /etc/rc.d/rc3.d/S99dbora -> ../init.d/dbora
            /etc/rc.d/rc4.d/S99dbora -> ../init.d/dbora
            /etc/rc.d/rc5.d/S99dbora -> ../init.d/dbora
            /etc/rc.d/rc6.d/K10dbora -> ../init.d/dbora
      6. service dbora start
      7. service dbora stop
      8. service dbora status
      9. ここまでやって、うまくいってれば、OSの起動停止と一緒にORACLEの起動停止もやってくれる
      10. vim /usr/local/bin/orastate

        show oracle service state

      11. chmod 711 /usr/local/bin/orastate
      12. chown oracle:oinstall /usr/local/bin/orastate
      13. orastateを実行してみる
  3. DBの起動状態確認
    1. echo 'select * from v$instance;' | sqlplus / as sysdba
    2. もしくはorastate
広告を非表示にする