めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

oracle install オラクルインストール

めっちゃ適当なメモ
IPアドレス:192.168.211.22
 
  1. zipファイルを/optに解凍します
    1. unzip /tmp/oracleのzip -d /tmp
  2. ls -l /opt/database
    1. [root@CentOS02 ~]# ll /tmp/database/
    2. 合計 60
    3. drwxr-xr-x  4 root root  4096  8月 27 21:03 2013 install
    4. -rw-r--r--  1 root root 30016  8月 27 13:45 2013 readme.html
    5. drwxr-xr-x  2 root root  4096  8月 27 13:45 2013 response
    6. drwxr-xr-x  2 root root  4096  8月 27 13:45 2013 rpm
    7. -rwxr-xr-x  1 root root  3267  8月 27 13:45 2013 runInstaller
    8. drwxr-xr-x  2 root root  4096  8月 27 13:45 2013 sshsetup
    9. drwxr-xr-x 14 root root  4096  8月 27 13:46 2013 stage
    10. -rw-r--r--  1 root root   500  8月 27 15:47 2013 welcome.html

  3. 邪魔なサービスはとめます。
    1. service iptables stop
    2. service iptables status
      1. iptablesファイアウォールが稼働していません。
    3. chkconfig iptables off
    4. chkconfig --list iptables
      1. iptables        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    5. getenforce
      1. Disabled
        1. ※これに関しては、/etc/selinux/configから編集してSELINUX=disabledとしてください。それから再起動が必要です。
        2. また、上記にシンボリックリンクを貼ってはいますが、/etc/sysconfig/selinuxを編集でも良いです。
  4. パッケージの導入確認をします。
    1. rpm -qa | grep compat-libstdc
    2. rpm -qa | grep elfutils-libelf-devel
    3. rpm -qa | grep libaio-devel
    4. rpm -qa | grep sysstat
    5. rpm -qa | grep unixODBC
    6. rpm -qa | grep unixODBC-devel
    7. 引っかからないのがあればインストールしておきましょう
    8. yum -y install compat-libstdc++-*
    9. yum -y install elfutils-libelf-devel-0.152-1.el6.*
    10. yum -y install libaio-devel-0.3.107-10.el6.*
    11. yum -y install sysstat
    12. yum -y install unixODBC-*
    13. パッケージの要件はこれだけあります
      1. Oracle Linux 6およびRed Hat Enterprise Linux 6 次のパッケージ(またはそれ以降のバージョン)がインストールされている必要があります。
        binutils-2.20.51.0.2-5.11.el6.i686
        compat-libcap1-1.10-1.i686
        compat-libstdc++-33-3.2.3-69.el6.i686
        gcc-4.4.4-13.el6.i686
        gcc-c++-4.4.4-13.el6.i686
        glibc-2.12-1.7.el6.i686
        glibc-devel-2.12-1.7.el6.i686
        ksh
        libgcc-4.4.4-13.el6.i686
        libstdc++-4.4.4-13.el6.i686
        libstdc++-devel-4.4.4-13.el6.i686
        libaio-0.3.107-10.el6.i686
        libaio-devel-0.3.107-10.el6.i686
        make-3.81-19.el6.i686
        sysstat-9.0.4-11.el6.i686
        
      2. Oracle Linux 6およびRed Hat Enterprise Linux 6 次のパッケージ(またはそれ以降のバージョン)がインストールされている必要があります。
        binutils-2.20.51.0.2-5.11.el6 (x86_64)
        compat-libcap1-1.10-1 (x86_64)
        compat-libstdc++-33-3.2.3-69.el6 (x86_64)
        compat-libstdc++-33-3.2.3-69.el6.i686
        gcc-4.4.4-13.el6 (x86_64)
        gcc-c++-4.4.4-13.el6 (x86_64)
        glibc-2.12-1.7.el6 (i686)
        glibc-2.12-1.7.el6 (x86_64)
        glibc-devel-2.12-1.7.el6 (x86_64)
        glibc-devel-2.12-1.7.el6.i686
        ksh
        libgcc-4.4.4-13.el6 (i686)
        libgcc-4.4.4-13.el6 (x86_64)
        libstdc++-4.4.4-13.el6 (x86_64)
        libstdc++-4.4.4-13.el6.i686
        libstdc++-devel-4.4.4-13.el6 (x86_64)
        libstdc++-devel-4.4.4-13.el6.i686
        libaio-0.3.107-10.el6 (x86_64)
        libaio-0.3.107-10.el6.i686
        libaio-devel-0.3.107-10.el6 (x86_64)
        libaio-devel-0.3.107-10.el6.i686
        make-3.81-19.el6
        sysstat-9.0.4-11.el6 (x86_64)
        
  5. Xウィンドウも必要なので、インストールしておきましょう
    1. startx
      1. とりあえずこれできないとだめ
    2. startxでGUIが表示できない場合
      1. yum -y groupinstall "X Window System" "Desktop" "KDE Desktop"
      2. とかやっておきましょう
  6. メモリ要件確認します
    1. grep -i memtotal /proc/meminfo
      1. MemTotal:         494488 kB(これでいけるかは無視して500MB程度でやります)
      2. 最小が1GB、推奨が2GB以上のRAMを推奨しています
      3. free コマンドとかでもよいです。free -m とか、free -g で単位もわかりやすく出力できます。
  7. ホスト名解決できるようにしておきます
    1. ping centos02
      1. 64 bytes from centos02 (192.168.211.22): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.017 msとか応答がかえってくればOKです。
      2. 帰ってこなかったら、/etc/hostsで設定しておきましょう
  8. グループとユーザを作成しておきます。oracleツールのデフォルト使用を容易にするために、oinstallグループを作成します。ほかにdbaグループも作成し、プライマリグループをoinstall、セカンダリをdba, operにしたoracleユーザを作成します。
    1. groupadd dba
    2. groupadd oinstall
    3. groupadd oper
    4. useradd -g oinstall -G dba,oper oracle
    5. passwd oracle
      1. パスワードはoracleにしておきます。
    6. id oracle
      1. このコマンドでoracleの所属グループとかIDを確認します
      2. uid=500(oracle) gid=501(oinstall) 所属グループ=501(oinstall),500(dba),502(oper)
  9. カーネルパラメータ要件を確認していきます。すみません、全部最小でいきます。
    1. vim /etc/sysctl.conf
      1. #added 2015/10/10
        fs.aio-max-nr = 1048576
        fs.file-max = 6815744
        kernel.shmall = 2097152
        #kernel.shmmax = 4294967295
        kernel.shmmax = 294967295
        kernel.shmmni = 4096
        kernel.sem = 250 32000 100 128
        net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
        net.core.rmem_default = 262144
        net.core.rmem_max = 4194304
        net.core.wmem_default = 262144
        net.core.wmem_max = 1048576
      2. こんな感じで最終行に追記しておきました。
    2. sysctl -p
  10. ベースディレクトリ作っておきます。
    1. /mount_point/app/software_ownerが推奨のようです。
    2. データ領域ように外部ストレージのLUNとかマッピングしておきたいところですが、それは基盤のお話なので、適当にディレクトリを指定したいと思います。
    3. mkdir -vp /oradata/app/oracle
  11. インベントリディレクトリ作ります
    1. mkdir -vp /oradata/app/oraInventory
  12. ベースディレクトリの準備をします
    1. chown -R oracle:oinstall /oradata/app/oracle
    2. chmod -R 755 /oradata/app/oracle
  13. 環境設定していきます
    1. su - oracle
    2. vim ~/.bash_profile を実行し、下記内容を追記しておきます。
      1. umask 022
      2. #FOR ORACLE
        export TMP=/oradata/tmp
        export TMPDIR=/oradata/tmp
        export NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
        export ORACLE_SID=orcl
        export ORACLE_BASE=/oradata/app/oracle
        export ORACLE_HOME=/oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
        export ORACLE_BASE=/oradata/app/oracle
        export ORACLE_OWNER=oracle
        export ORACLE_HOSTNAME=centos02

        export PATH=$PATH:$HOME/bin:$ORACLE_HOME/bin
    3. xclock
      1. 時計が表示されることを確認しておいてください。ローカルコンソールでやる場合は嵌ることなく表示されると思います。
    4. mkdir -pv /oradata/tmp
    5. 日本語パッチを先に充てておかなければいけないのですが、持っていないので、英語で行きます
    6. export LANG=C  (これやっておかないと何にもできないほど文字化けします)
  14. インストール開始
    1. cd /tmp/oracle/database
    2. ./runInstaller
      1. Configure Security Updates
        1. Email ⇒ 空欄でいいです
        2. □I wish to receive security updates via My Oracle Support. ⇒ チェックなし
        3. You have not provided an email address. と出てきますが、Yesでいいです。
      2. Download Software Updates
        1. Skip software updates ⇒ どうせ外部NWにつながってないですから、スキップです。
      3. Installation Option
        1. Install database software only
      4. Grid Installation Options
        1. Single instance database installation
      5. Product Languages
        1. Japanese, Englishを選択しました。
      6. Database Edition
        1. Standard Edition 標準にしておきましょう。
      7. Installation Location
        1. Oracle Base: /oradata/app/oracle
          1. /home/oracle/.bash_profileにて、$ORACLE_BASEを/oradata/app/oracleに指定しているため自動でファイルパスが入力されます。
        2. Software Location: /oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
      8. Create Inventory
        1. Inventory Directory: /oradata/app/oraInventory
          1. $ORACLE_BASE/../oraInventoryになるっぽいので、これもそのままでいいでしょう
        2. oraInventory Group Name: oinstall
          1. これもデフォです。oracleユーザのプライマリグループです
      9. Operating System Groups
        1. Database Administrator(OSDBA)Group: dba
        2. Database Operator (OSOPER) Group (Optional):oper
          1. これもデフォです。operグループがなければoinstallになるかな?
      10. Prerequisite Checks
        1. インストール前にチェックが入るので、修正してチェックしてを繰り返し、クリアしていきましょう
        2. Fix & Check Again
          1. su - root
          2. /oradata/tmp/CVU_11.2.0.4.0_oracle/runfixup.sh
          3. 再チェックするもpdkshパッケージが足りんと怒られる。リポジトリ確認してないですが、公式で提供されていないようなので、無視します。
        3. ちなみにメモリもチェックで引っかかると思います。1GBが最低限必要なのですが今回は500MBなので。これも無視
      11. Summary
        1. Save Response Fileでもしておきましょう
      12. Install Product
        1. ひたすら待ちます。Detailsでも眺めてましょう
        2. Execute Root Scriptsの段階に来たら、スクリプトを実行します。
        3. su - root
        4. /oradata/app/oraInventory/orainstRoot.sh
        5. /oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/root.sh
      13. Finish
      14. vim /home/oracle/.bash_profile で追加しておきましょう
        1. export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/11.2.0/dbhome_1
        2. export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
  15. Oracle Net Configuration Assistantによる設定
    1. su - oracle
    2. export LANG=C
    3. netca
      1. Listener configuration
        1. Listener name: LISTENER01
        2. Selected Protocols: TCP
        3. Use the standard port number of 1521
        4. (/oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin/lsnrctl start LISTENER01)
  16. Database Configuration Assistant
    1. dbca
      1. Create a Database
      2. Custom Database
        1. Global Database Name: orcl.hoge.local
        2. SID: orcl
      3. Enterprise Manager
        1. Configure Enterprise Manager
        2. Configure Database Control for local management
      4. Use the Same Administrative Password for ALL Accounts 面倒なので、全部同じパスワードにしました。
      5. Database File Locations
        1. Storage Type: File System
        2. Storage Location: Use Database File Locations from Template
      6. Recovery Configuration
        1. Specify Fast Recovery Area: /oradata/app/oracle/recovery
        2. 4096MB
        3. Enable Archiving
          1. 正直なにするかわからんが、チェック入れといたった
      7. Database Content
        1. default
          1. Oracle Text
          2. Enterprise Manager Repositroy
            1. ともにSYSAUX
      8. Initialization Parameters
        1. Memory
          1. Typical
            1. 容量も少なくてあれなんでデフォで
            2. Use Automatic Memory Managementも設定しておきます
            3. と思ったらメモリ少なすぎでだめでした
          2. Customにやっぱりしておきます
            1. Memory Management : Automatic Shared Memory Management
            2. SGA Size: 281 MB
            3. PGA Size: 108 MB
        2. Sizing
          1. Block Size: 4096 KB
          2. Processes: 150
      9. セットアップ完了を待ちます。
      10. DBCA完了後に出る結果は控えておきます
        1. Global Database Name: orcl.hoge.local
        2. System Identifer(SID): orcl
        3. Server Parameter File name: /oradata/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/dbs/spfileorcl.ora
        4. https://centos02:1158/em
        5. https://localhost:1158/em
  17. ブラウザを起動します
    1. なければ yum -y install firefox
    2. User: SYS
    3. pass: 設定したやつ
    4. SYSDBA

おわり

広告を非表示にする