めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

LVS | keepalived with VRRP

さて、前回飛ばしたVRRPによるフロントエンドサーバ側の冗長化についてです。

まずは、フロントサーバの2号機も下記と同じ手順で作りましょう。

 

chiita01.hatenablog.com

 

 

で、完成したら、VRRPの部分はコメントアウトしていたので、変更します。

1号機は下記の通り、stateをマスタにしてください。あとは、仮想IPの指定です。このIPアドレスがフロントサーバ2台間で使われます。

 

稼働中のフロントサーバに仮想IPがふられ、2号機に切り替わると1号機から仮想IPは削除され、2号機側に仮想IPが付与されます。

vrrp_instance VI_1 {
    state MASTER
    interface eth0
    virtual_router_id 51
    priority 100
    advert_int 1
    authentication {
    auth_type PASS
    auth_pass password
}
virtual_ipaddress {
    192.168.11.140 dev eth0

}

 

 

 

2号機の設定は下記の通り

vrrp_instance VI_1 {
    state BACKUP
    interface eth0
    virtual_router_id 51
    priority 100
    advert_int 1
    authentication {
    auth_type PASS
    auth_pass password
}
virtual_ipaddress {
    192.168.11.140 dev eth0

}

 

 

 

サービスを起動してみましょう。1号機でも2号機でも実行します。

service keepalived restart

 

 

ではマスタにした1号機でIPを確認してみます。

[root@lvsf01 ~]# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
link/ether 52:54:00:f4:ea:22 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.11.130/24 brd 192.168.11.255 scope global eth0
inet 192.168.11.140/32 scope global eth0
inet6 fe80::5054:ff:fef4:ea22/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
[root@lvsf01 ~]#

 

 

二号機でも確認してみて下さい。仮想IPアドレスは付与されていないはずです。

確認できたら、マスタサーバのkeepalivedを再起動してみましょう。

[root@lvsf01 ~]# service keepalived restart
keepalived を停止中: [ OK ]
keepalived を起動中: [ OK ]
[root@lvsf01 ~]#

 

 

で、マスタサーバのIPを確認します。

[root@lvsf01 ~]# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
link/ether 52:54:00:f4:ea:22 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.11.130/24 brd 192.168.11.255 scope global eth0
inet6 fe80::5054:ff:fef4:ea22/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
[root@lvsf01 ~]#

 

 

 

消えてますね、あとは2号機側に仮想IPが付与されてればOK.

[root@lvsf02 ~]# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
link/ether 52:54:00:fe:19:6b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.11.131/24 brd 192.168.11.255 scope global eth0
inet 192.168.11.140/32 scope global eth0
inet6 fe80::5054:ff:fefe:196b/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
[root@lvsf02 ~]#

 

 

 

はい、付与されてなかったIPアドレスが表示されますね。

 

ここまでできたらLVSの設定を変更しておきましょう。VRRPでフロントサーバの冗長化した意味がないので、設定した仮想IPで仮想サーバのサービスを登録します。

 

手順は簡単に。

ipvsadm -C

ipvsadm -A -t 192.168.11.140:80 -s wlc

ipvsadm -a -t 192.168.11.140:80 -r 192.168.11.132:80 -m

ipvsadm -a -t 192.168.11.140:80 -r 192.168.11.133:80 -m

service ipvsadm save

service ipvsadm restart

 

 

以上で、VRRPによるフロントサーバの冗長化と、バックエンドへの負荷分散設定が完了しました。まあ、試験対策ですし、基本的な設定のみ行いました。

 

おわり

 

広告を非表示にする