めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

HA + DRBD②

というわけで

どういうわけなのか

続きを書きます。前回までは同期させて待ち状態でした。

 

chiita01.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

まずは同期状態を確認しましょう。

下記コマンドのどっちでもよいです。

 [root@ha01 drbd.d]# cat /proc/drbd

[root@ha01 drbd.d]# service drbd status

 


drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.4.9-1 (api:1/proto:86-101)
GIT-hash: 9976da086367a2476503ef7f6b13d4567327a280 build by mockbuild@Build64R6, 2016-12-13 18:38:15
m:res cs ro ds p mounted fstype
0:r0 Connected Primary/Secondary UpToDate/UpToDate C
[root@ha01 drbd.d]#

 

1号機がプライマリになってますね。じゃあ、ファイルシステム作成しますか。

[root@ha01 drbd.d]# mkfs.ext4 /dev/drbd0
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Discarding device blocks: done
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=1 blocks, Stripe width=0 blocks
1310720 inodes, 5242711 blocks
262135 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
160 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 39 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.
[root@ha01 drbd.d]#

 

 

ファイルシステムが作成できたので、マウントします。

[root@ha01 drbd.d]# mount /dev/drbd0 /mnt
[root@ha01 drbd.d]# ll /mnt
合計 16
drwx------. 2 root root 16384 2月 25 01:44 2017 lost+found
[root@ha01 drbd.d]# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_ha01-lv_root 50G 3.3G 44G 8% /
tmpfs 495M 0 495M 0% /dev/shm
/dev/sda1 477M 55M 397M 13% /boot
/dev/mapper/vg_ha01-lv_home 2.0G 3.0M 1.9G 1% /home
/dev/drbd0 20G 44M 19G 1% /mnt
[root@ha01 drbd.d]#

 

 

できましたね。じゃあ、書き込みができるのでファイルを作成してみます。

[root@ha01 drbd.d]# touch /mnt/testfile
[root@ha01 drbd.d]# ll /mnt
合計 16
drwx------. 2 root root 16384 2月 25 01:44 2017 lost+found
-rw-r--r--. 1 root root 0 2月 25 01:47 2017 testfile
[root@ha01 drbd.d]#

 

 

ファイルを書き込んだらミラーリングされているはずなので、ディスクをアンマウントして現用・待機を切り替えて2号機がわでテストファイルが存在するか確認します。

[root@ha01 drbd.d]# df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_ha01-lv_root 51475068 3454892 45398736 8% /
tmpfs 506036 0 506036 0% /dev/shm
/dev/sda1 487652 55840 406212 13% /boot
/dev/mapper/vg_ha01-lv_home 1998672 3072 1890744 1% /home
/dev/drbd0 20510680 44992 19417148 1% /mnt
[root@ha01 drbd.d]#
[root@ha01 drbd.d]#
[root@ha01 drbd.d]#
[root@ha01 drbd.d]# umount /mnt
[root@ha01 drbd.d]#
[root@ha01 drbd.d]#
[root@ha01 drbd.d]#
[root@ha01 drbd.d]# df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_ha01-lv_root 51475068 3454892 45398736 8% /
tmpfs 506036 0 506036 0% /dev/shm
/dev/sda1 487652 55840 406212 13% /boot
/dev/mapper/vg_ha01-lv_home 1998672 3072 1890744 1% /home
[root@ha01 drbd.d]#

 

 

アンマウント完了。現用・待機の切り替え

[root@ha01 drbd.d]# drbdadm secondary all
[root@ha01 drbd.d]# drbdadm role all
Secondary/Secondary
[root@ha01 drbd.d]#

 

2号機をプライマリ化

[root@ha02 ~]# drbdadm role all
Secondary/Secondary
[root@ha02 ~]# drbdadm primary all
[root@ha02 ~]# drbdadm role all
Primary/Secondary
[root@ha02 ~]#

 

 

プライマリになったのでネットワーク経由でミラーリングされたディスクをマウントして状態を確認しましょう。

[root@ha02 ~]# mount /dev/drbd0 /mnt
[root@ha02 ~]# ll /mnt
合計 16
drwx------. 2 root root 16384 2月 25 01:44 2017 lost+found
-rw-r--r--. 1 root root 0 2月 25 01:47 2017 testfile
[root@ha02 ~]#

 

 

 

いたーーー!ということで、ネットワーク経由で同期されました。

同期、非同期、その中間の3パターンミラーリング方式があります。ケースに応じて使い分けましょう。

 

LAN内では同期タイムはリアルタイムにして、災対側には非同期でWANを超えてもらうようにしたりします。3ノードレプリケーションです。

 

 

きょうはここまでですかな。

つぎはheartbeatでHA構成にします。

 

 

おわり

広告を非表示にする