めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

pacemakerのリソースクラス

タイトルの通り。

 

下記サイトにて確認。

3.2. Red Hat High Availability アドオンリソースクラス

 

LSB ⇒ Linux Standards Base

OCF ⇒ Open Cluster Framework

Systemd ⇒ RHEL7から導入されたサービス管理デーモン。Fedoraではもっと早く導入されてたやつ。まあ、SysV initが悪いとか、systemdが悪いとか。Linuxの思想が悪いとかいろいろ言われてますが、僕はどれも使い慣れたら使いやすいです。笑

 

そんな崇高な思想もないし、低級言語でものが作れるわけでもない不幸なエンジニアなので残念ですが、どれも使えるし運用・保守を考えればどんなによい思想のOSであったとしてもほかのソフトウェアの使い勝手や、連携の仕方のほうがはるかに大事です。。。

 

まあ、最近はサービス管理の方法がinitからsystemdに変わったことよりも、RHEL6と、RHEL7で指定する/etc/fstabオプションのdefault値が違うことがびっくりしました。

 

RHEL7になってからはアクセス日時は常に更新されるわけではなく、relatimeとなっているため、要はファイルの最終修正時刻と一致するようになります。ただし、scpとかのコピー元になるとアクセス日付が更新されているが、catしたときは更新されないとかあります。

 

詳しくはあとで仕様を調べようと思いますが。

で、noatimeへの対応、つまりディスクIOの性能向上を目的とした動きがあるようです。なんでもディスクオプションンはデフォルトでいいや、と思っているとアクセス日付を拾ってるプログラムに足をすくわれかねません。

 

いくら性能はあがってもアクセス日時は捨てきれません。

 

 

話が飛びましたが、もどります。

 

Upstart ⇒ これもsystemdと同じようなマネージャです

 

STONITH ⇒ フェンシングするやつ

 

まとめると、フェンシング、クラスタフレームワーク、OSサービス管理の3種がリソースクラスとして定義されているようです。。。

 

 

おわり

広告を非表示にする