読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

centosでiscsiターゲットとイニシエータの設定

 

クラスタ構成とかを試すために、適当にiscsiを使えるようにメモです。

 

iscsiターゲット、iscsiサーバのパッケージインストール

 

まずはパッケージをインストールするためにパッケージ名を調べます。

yum search iscsi

iscsi-initiator-utils.x86_64 : iSCSI daemon and utility programs
iscsi-initiator-utils-devel.x86_64 : Development files for iscsi-initiator-utils
libiscsi.i686 : iSCSI client library
libiscsi.x86_64 : iSCSI client library
libiscsi-devel.i686 : iSCSI client development libraries
libiscsi-devel.x86_64 : iSCSI client development libraries
libiscsi-utils.x86_64 : iSCSI Client Utilities ←イニシエータ向け
netbsd-iscsi.x86_64 : User-space implementation of iSCSI target from NetBSD project

Name and summary matches only, use "search all" for everything.

 

 

赤字にしているパッケージがそうですね。説明にもある通り、iSCSIデーモンのパッケージです。 これをインストールしましょう。

yum -y install iscsi-initiator-utils.x86_64
 

インストールが完了したら、iSCSIターゲットの設定をします。

※ かくの間違えた 

 

yum -y install scsi-target-utils

vim /etc/tgt/targets.conf

いろいろ設定はありますが、お試し用の設定なので下記のとおりです。

 

cat /etc/tgt/targets.conf | grep -v "#" | grep -E "[0-9a-zA-Z].*"

default-driver iscsi
<target iqn.2017-03.ha01:target00>
    backing-store /dev/mapper/vg_ha01-iscsivol
    initiator-address 192.168.11.0/24
    incominguser iscsiuser iscsiuser
</target>

 

<target iqn名>

    backing-store デバイス

    許可するイニシエータアドレス

    認証時のユーザ パスワード

</target>

 

 

設定が完了したらサービスを起動しましょう。startでもrestartでもよいです。 

service tgtd restart

SCSI target daemon を起動中:                               [  OK  ]

 

 

起動したらターゲットの状態を確認しましょう。

tgtadm --lld iscsi --op show --mode target


Target 1: iqn.2017-03.ha01:target00 ←設定したIQN
System information:
Driver: iscsi
State: ready
I_T nexus information:
LUN information:
LUN: 0
Type: controller
SCSI ID: IET 00010000
SCSI SN: beaf10
Size: 0 MB, Block size: 1
Online: Yes
Removable media: No
Prevent removal: No
Readonly: No
Backing store type: null
Backing store path: None
Backing store flags:
Account information:
iscsiuser
ACL information:
192.168.11.0/24 ← アクセスリスト

 

以上で、iSCSIターゲットサービスの設定は完了です。あとはクライアントのイニシエータ設定です。 

 

 

iscsiイニシエータ、iscsiクライアントのパッケージインストール

イニシエータ向けのiSCSIクライアントパッケージをインストールします。

 

yum -y install iscsi-initiator-utils

 

イニシエータの設定をします。

 

vim /etc/iscsi/iscsid.conf

今回設定したのは赤字部分のみ。

ユーザとパスワードはターゲット側で設定したものを記述しています。

iscsid.startup = /bin/systemctl start iscsid.socket iscsiuio.socket
node.startup = automatic
node.leading_login = No
node.session.auth.authmethod = CHAP
node.session.auth.username = iscsiuser
node.session.auth.password = iscsiuser
node.session.timeo.replacement_timeout = 120
node.conn[0].timeo.login_timeout = 15
node.conn[0].timeo.logout_timeout = 15
node.conn[0].timeo.noop_out_interval = 5
node.conn[0].timeo.noop_out_timeout = 5
node.session.err_timeo.abort_timeout = 15
node.session.err_timeo.lu_reset_timeout = 30
node.session.err_timeo.tgt_reset_timeout = 30
node.session.initial_login_retry_max = 8
node.session.cmds_max = 128
node.session.queue_depth = 32
node.session.xmit_thread_priority = -20
node.session.iscsi.InitialR2T = No
node.session.iscsi.ImmediateData = Yes
node.session.iscsi.FirstBurstLength = 262144
node.session.iscsi.MaxBurstLength = 16776192
node.conn[0].iscsi.MaxRecvDataSegmentLength = 262144
node.conn[0].iscsi.MaxXmitDataSegmentLength = 0
discovery.sendtargets.iscsi.MaxRecvDataSegmentLength = 32768
node.conn[0].iscsi.HeaderDigest = None
node.session.nr_sessions = 1
node.session.iscsi.FastAbort = Yes

 

 

 

 

さて、設定が終わったらdiscoveryでターゲットを探します。

 

iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 192.168.11.230

192.168.11.230:3260,1 iqn.2017-03.ha01:target00

 

 

設定したターゲットが見つかりましたので、ログインします。

 

iscsiadm -m node --login

Logging in to [iface: default, target: iqn.2017-03.ha01:target00, portal: 192.168.11.230,3260] (multiple)
Login to [iface: default, target: iqn.2017-03.ha01:target00, portal: 192.168.11.230,3260] successful.

 

sdbとかsdcとしてデバイスが認識されるはずです。とはいえ実際のデバイス名がわからないので、確認しましょう。/var/log/messagesに出力されているほか

ls -l /dev/sd* の実行結果から日付・時刻を確認すればわかります。

 

 

これで完了です。あとは普通のデバイスと同じように取り扱えばいいです。

/etc/fstabに書くのであれば、_netdevをオプションに設定してnetfsサービスを有効にしておくとよいでしょう。

 

 

あとは今どきのかんきょうであれば ジャンボフレームに対応させておけばいいと思います。MTU値を9000にする設定を追記しておきましょう。

 

echo "MTU=9000" >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

 

 

おわり

広告を非表示にする