めもぶろぐ

お勉強したこと、趣味なんかを適当に書いてます。。。

CensOS7のKVM上にopenSUSE13.2をインストール

なぜだかsuseが以前インストールできなかったので、再チャレンジ。(試験勉強に焦ってうまくできていなかっただけ。。。)

 

  isoファイルのダウンロード  

wget http://download.opensuse.org/distribution/13.2/iso/openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso

 

NotFound404とかになったら、下記にアクセスして、該当のISOファイルを見つけたら右クリックして、URLをコピーしてwgetの引数に指定すればOK

http://download.opensuse.org/distribution

 

  openSUSEのインストール開始  

普段通りのコマンドでローカルに取得したISOファイルを使えばいいのだが、

注意点はメモリ容量。512MBとかだと警告がでるし、インストールが止まります。

 

1024MBくらいは積んどいてね、ってでるので1024以上の値をramにしてしましょう。あとで少なくすればいいしね。

 

virt-install --name suse \

--ram 1024 --vcpus 2 \

--disk path=/data/kvm/suse.img,cache=writeback,bus=scsi \

--location /data/iso/openSUSE-13.2-DVD-x86_64.iso \

--virt-type kvm \

--os-variant generic \

--console pty,target_type=serial \

--extra-args='console=ttyS0,115200n8' \

--controller type=scsi,model=virtio-scsi

 

ちなみに、テキストモードで進めていくようにしていますが、コンソールが非常に見にくかったです。

 

参考までに、Alt+なんかのキー の組み合わせで、次へ進めたりできるのでそれで対応しましょう。

 

 

  openSUSEのバージョン確認  

linux-nv4x:~ # cat /etc/SuSE-release

 

CentOSだと、cat /etc/redhat-releaseで確認できますが、SUSEは上記コマンドになります。

 

 

  openSUSEのサービス確認  

systemdが管理しているので、CentOS7と同じです。

サービス一覧を確認するのであれば

systemctl list-unit-files --type service

です。

 

 

CentOSしか触ってこなかったので、やり方同じだと助かります。

 

 

まあインストールできたので、おわり

 

広告を非表示にする